入口 > 「放れ駒」

「放れ駒」


 中学二年の僕は、自分に物足らなさを感じながら生きてる。
自分はカラッポなんじゃないかとか、何がしたいのか解からないとか
そんな悶々とした日々の中で、ある日、一人の放浪者のおっちゃんと出会った。
何か掴みたい。掴めるかも知れない。そんな風に思える出会いだった。
2011年 1月~6月に描いたお話です。 

「 放れ駒 」 (全39P)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
[11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
[21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]




ボウズの夏休みの出来事。そして、目標。


「 放れ駒の夏休み 」 (全8P)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]fin.



■「放れ駒」の二人も登場するもう一組との不思議な縁
[えにし](全20P)





ふたりはかぞくになれるのでしょうか


「 放れ駒のかぞく 」 (全34P)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
[11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
[21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
[31] [32] [33] [34]fin

web拍手 by FC2  

「放れ駒」

「放れ駒」

2028-12-17

 中学二年の僕は、自分に物足らなさを感じながら生きてる。
自分はカラッポなんじゃないかとか、何がしたいのか解からないとか
そんな悶々とした日々の中で、ある日、一人の放浪者のおっちゃんと出会った。
何か掴みたい。掴めるかも知れない。そんな風に思える出会いだった。
2011年 1月~6月に描いたお話です。 

「 放れ駒 」 (全39P)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
[11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
[21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]




ボウズの夏休みの出来事。そして、目標。


「 放れ駒の夏休み 」 (全8P)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]fin.



■「放れ駒」の二人も登場するもう一組との不思議な縁
[えにし](全20P)





ふたりはかぞくになれるのでしょうか


「 放れ駒のかぞく 」 (全34P)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
[11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
[21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
[31] [32] [33] [34]fin

放れ駒のかぞく P.34

2016-02-02


hk34-1.png

hk34-2.png

hk34-3.png

hk34-4.png

hk34-5.png

hk34-6.png

おしまい


hk34-7.png


BACK

あとがき
皆様、「放れ駒のかぞく」最後までお付き合いくださり有難うございました。
拍手、コメント、メールフォームからのメッセージ
ツイッターでもコメント下さったり「いいね」を下さったりリツイートまでして頂いたり
本当に心よりお礼申し上げます。

おっちゃんはボウズとかぞくになります。
ボウズ、良かったね~
ボウズの願いを叶える形ではありますが、その実
かぞくができて幸せな気持ちが、よりあふれてくるのはおっちゃんの方かもしれません。
かぞくとは・・・
一緒に暮らしてても「同居人」状態だったり
離れててもいつも気にかけてたり
血こそ繋がってなくても家族同然だったり
戸籍抄本だけの事じゃないように思えます。

「大事な大事な人たち」

おっちゃんはおとんを亡くしてからずっと孤独でした。
もう二度と家族を作らないつもりだったと思います。
家族を作ることを怖れてたかも知れません。
ボウズはそれをぶっ壊しましたね(笑)。

「ホンマもんのかぞく」は契約を交わし同じ戸籍に入ったからと言って
すぐにおいそれとなれるものではないように思えます。
一日一日、共に暮らし、相手を思い合い、知っていき
少しずつ少しずつ積み上げていってなっていくものだと思います。
それは「親子」にも当てはまることで
ボウズとママのところで少しでも感じてくれたら嬉しいですけど
やはり子供を産んですぐに「ハイ、親!」ってわけではなく
一日一日接して子供と一緒になって「どうしていいか、わっかんねーーーよ!!」と
大泣きしてそうしていって親になっていくのだと思います。
ボウズのママは素直でいい親だなぁと思います。
きっときっと息子の幸せを心から喜んでくれる日が来ると信じてます。
(でも本当カミングアウトには驚いただろうねぇw)

あとがきも最後まで読んで頂き有難うございます。
また、かぞくになった二人に会えますように。

有難うございました。          オカマツ

放れ駒のかぞく P.33

2016-01-26

hk33-1.png

hk33-02.png

hk33-3.png

hk33-4.png

hk33-5.png

hk33-6.png
あまーーーーーい!!w   次ラストページです

NEXT
BACK


ようこそ

下手くそなりに、大好きなBL漫画をチマチマ描いているオカマツと申します。 よしなにお願いいたします。 ツイッターもお気軽に @okamatsu2010 手書きブログは http://tegaki.pipa.jp/268471/

メールフォーム

ご意見ご感想など、お気軽にお寄せ下さい。 お返事は「お返事」のページでさせて頂いてます。

名前:
メール:
件名:
本文: