入口 > 作品目次 1 - 「何コレドウシヨ」 > 何コレドウシヨ P.32

何コレドウシヨ P.32


2010年8月~10月の作品

nk32-1.png

nk32-2.png

nk32-3.png

nk32-4.png

nk32-5.png

nk32-6.png

nk32-7.png
TOP
BACK

あとがき反省文

皆様、『何コレドウシヨ』も読んでいただき有難うございます。
拍手もコメント、メッセージetc...いつも励みにさせていただいてます。
感謝しております。

さて「何コレドウシヨ」は2010年の8月頃から10月頃に描いたお話で
「独り言」の方でも書きましたが
最近の男の子は綺麗だなぁと思った事から、描き始めたお話です。

ところが、キャラの設定は早々と決まったものの
あとはもう只管、行き当たりバッタリで・・・
着地点さえ、決めずに書き進めたので、
まさしく「は?何コレ」的なお話になってしまいました。

ストレートの、それも女の子が大好きなイケメン男子が
もしも、超好みの顔立ちをした男の子と出会ってしまったら
恋に堕ちる事もあるのだろうか?と、
あって欲しいと(笑)、「何?」「何で?どうして?」と
戸惑いながらも、惹かれていく可能性はなくはないんじゃないかと。

まぁほぼ願望ですが。そんなお話にしようと思って書き始めたのを
覚えてます。

片やストレート、片やゲイというカップルは
現実的にはなかなか難しいとは思いますが
漫画なら、実現できます(笑)。
ゲイであるトキジローは、ストレートであるイタルに
惹かれながらも、踏み出せない。
ストレートなのに好きだと言ってくれても、それでも
付き合ってカップルになる、という事に戸惑う。

~きっとイタルは女の子の所に戻っていくだろう。~

そういう不安はつき物だと、思います。
カップルになって、ラブラブになって
トキジローは安心するかというと、少し違って
やはり相手はストレートだというのが
ずっと引っかかって、不安にさせると思います。
その時に、自分は、ちゃんと、イタルと決別できるだろうか。
それが、トキジローには脅威なんですね。

続編ではその辺も、ちょっとだけ描きました。

読んでくださる皆様が少しでも楽しんで下さる事を祈ります。

本当に有難うございます。






2013-06-15
皆様の励ましでオカマツはまた更に頑張れます。
web拍手 by FC2   
TOP