入口 > 作品目次 2 - 「コチコチ鼓動」 > コチコチ鼓動 P.24

コチコチ鼓動 P.24


kk24-1.png

kk24-2.png

kk24-3.png

kk24-4.png

kk24-5.png

kk24-6.png

kk24-7.png

BACK

    あとがき?(←訊くな)


『コチコチ鼓動』を読んで頂き、有難うございます。

男の子って、細かい部品とか、自由に操る人とか
細かい細工をする人とか、すっごく目をキラキラさせて見入ってますよね。

尊敬は、いつの間にか恋心に変わってて
タツヤは、高校生になってそれにやっと気付きます。

走った甲斐があって、タツヤも想いをリュリュに伝える事が出来ました。
リュリュも戸惑いながらも、一日も忘れる事が出来なかったタツヤと
再会して、そして、恋人同士になれました。

このカップルは、リュリュの方がずっと年上なのに
何故かとっても子供の雰囲気がします。
タツヤがシッカリとリュリュを支えて
寄り添っていくって気がします。


最初、タイトルを考えてる時に
一般的な時計の音の表現が出てこなくて(笑)
「コチコチ」にしたんですけど
後から「チクタクじゃね?!」って(笑)。
もう遅かったんで、「コチコチ」で押し通しました。
アルツハイマーの匂いがしてるオカマツです・・・。涙

続編が控えております。
この2人の、スタートを、
見守っていただけると嬉しいです。


                           オカマツ














2014-03-30
皆様の励ましでオカマツはまた更に頑張れます。
web拍手 by FC2   
TOP